南会津・荒海中生 将来の家づくりの参考に、模型で耐震設計学ぶ

 
ストローで住宅の模型づくりに挑戦する生徒たち

 県南会津建設事務所は22日、南会津町の荒海中で住宅耐震出前講座「地震に強い家の造りを学ぼう」を開いた。参加した生徒たちが、ストローを使った住宅の模型づくりなどを通じて耐震の重要性を体感した。

 2年生12人が参加した。同事務所職員が講師を務め、地震のメカニズムや耐震の意義などを説明。地震発生時における避難経路の確保や家具の転倒防止対策など大切な家族を守るための予防策についても語った。

 また、生徒たちは三つのグループに分かれてストローやクリップを使い、住宅の模型づくりに挑戦した。ストローをうまく組み合わせて揺れに強い模型を完成させ、耐震の大切さを再確認した。