三春殺人ひき逃げ死刑 地裁郡山判決、県内裁判員裁判で2例目

 
盛藤被告に死刑が言い渡された地裁郡山支部の法廷

 三春町で昨年5月、小型トラックで男女2人を故意にはね殺害したなどとして、殺人罪などに問われた本籍伊達市、住所不定、無職盛藤(もりとう)吉高被告(51)の裁判員裁判判決で、地裁郡山支部の小野寺健太裁判長は24日、「極めて悪質で動機に酌量の余地はなく、刑事責任は誠に重い」などとして求刑通り死刑を言い渡した。県内の裁判員裁判で死刑判決は2例目。弁護側は25日にも控訴する方針。

 小野寺裁判長は、主文に先立ち朗読した判決理由で「長く刑務所に入りたいとの考えは身勝手かつ自己中心的で厳しい非難を免れない」と指摘。無差別に2人をはねた手口を「人命軽視の程度が甚だしい」とし「日常生活の中で誰でも被害を受けかねない不安感、恐怖感を一般に与え社会への影響も大きい」と述べた。

 争点だった殺意の程度については「被害者を死亡させる可能性が高いと認識し、意図的にトラックを衝突させた」と認定したが「生死には無関心だった可能性も否定できない」として積極的な殺意について退けた。

 計画性を巡っては「場当たり的で稚拙な面があったことは否定できない」とした一方「計画段階から人が死亡する可能性を認識して実行した点に人命軽視の度合いの強さが表れている」と結論付けた。

 判決によると、盛藤被告は昨年5月31日午前7時30分ごろ、郡山市の駐車場で小型トラックを盗み無免許で運転。同7時55分ごろ、三春町の国道288号で清掃ボランティアをしていた同町の当時55歳の男性と同52歳の女性を時速60~70キロではねて殺害し、そのまま逃走した。

 判決公判には13席の一般傍聴席を求め184人が抽選に参加した。

 福島地裁によると、県内での死刑判決は記録が残る1978(昭和53)年以降、今回で9例目。直近では会津美里町で2012年7月、夫婦が殺害され現金などが奪われた強盗殺人事件で高橋明彦死刑囚(54)に言い渡されて以来。