福島市、100人以上で申請可能 新型コロナ、職域接種支援事業

 

 福島市は25日、市独自に7月15日から行う中小企業の職域接種支援事業の内容を発表した。100人以上の従業員(福島市民が90%以上)がいる企業や事業体であれば申請でき、予診票の受け付けなどで協力することなどが条件。申請締め切りは7月5日まで。

 接種会場は7月から集団接種会場となる福島トヨタクラウンアリーナ。医療従事者を派遣できる企業などが優先で、応募多数の場合は抽選する。

 接種にはモデルナ製ワクチンを使用するため、開始には国からの円滑なワクチン供給が大前提となる。応募要項は市ホームページに掲載している。