2年ぶり「御田植祭」北限の田植え神事 喜多方・慶徳稲荷神社

 
喜多方で行われた「慶徳稲荷神社御田植祭」

 日本北限の田植え神事とされる「慶徳稲荷神社御田植祭」は2日、喜多方市の同神社などで行われた。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となったため2年ぶりの実施。慶徳小の女子児童が神田に苗を植え、早乙女踊りを奉納して豊作を願った。参加した同校6年の佐藤愛莉さんは「一生懸命練習してきた踊りを披露できて良かった。この伝統を守っていきたい」と話した。

 同祭は、伊佐須美神社(会津美里町)と合わせて「会津の御田植祭」として、国の重要無形民俗文化財に指定されている。