ヨークベニマル「職域接種」開始 新型コロナ、3000人が対象

 
新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける従業員

 ヨークベニマルは3日、郡山市の星総合病院で従業員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの職域接種を開始した。初日は約700人が接種した。

 子会社のライフフーズを含む郡山市と周辺3市1町の計24店舗などに勤務する従業員3000人が対象。11日までに1回目、8月8日までに2回目の接種を終える計画。病院が平日に行っている一般向けの接種と重ならないよう、同社の職域接種は土、日曜日に限る。

 ヨークベニマル横塚店のパート従業員の女性は接種後「レジでお客さんと接する機会が多いので、自分とお客さんの双方の安全・安心につなげられればうれしい」と話した。同社によると、接種を希望した3000人は対象者全体の約7割という。