真夏の飯坂温泉昭和レトロ満載 8月8日イベント、ネット配信も

 
インスタライブで動画配信される飯坂温泉の湯沢地区

 福島市の飯坂温泉で8月8日、「いいざか♨レトロ横丁 真夏の飯坂レトロフェス!」が初開催される。新型コロナウイルス感染防止のため今回はインターネット配信も活用し、昭和レトロとデジタルが融合したイベントとする。来年以降の盛大な開催を目指す。

 レトロ横丁は、歴史の面影が残る湯沢地区などを会場に昭和レトロを感じさせるイベントを開き、商店街や温泉全体の活性化を図るのが目的。昨年予定していたが、コロナ拡大のため断念した。

 主催は各団体でつくる実行委で、湯沢通り会場、旧堀切邸会場、パルセいいざか会場の三つに分ける。湯沢通りはライブ配信の舞台で、国登録有形文化財のなかむらや旅館や旧採進堂酒店などを徒歩で巡り、レトロ感漂う場所を写真共有アプリ「インスタグラム」で配信する。芭蕉の道公園と旧堀切邸下蔵ではレトロ音楽イベントを開く。

 旧堀切邸会場では懐かしい映画のポスター展やレトロ音楽喫茶、昔遊び体験などを予定。パルセいいざか会場のみ8月7日も開催し、ダンスイベントや音楽イベントを予定する。動画投稿サイト「ユーチューブ」で同時配信する。

 同市のパルセいいざかで1日、第1回実行委員会が開かれ、斎藤静男委員長は「飯坂温泉の魅力を発信する」と意欲を語った。