苦味と甘味「コーヒー甘酒」発売

 
新商品の「コーヒー甘酒」

 白河市の山口こうじ店は、新商品「コーヒー甘酒」の販売を始めた。甘酒を作る際、こうじにコーヒー豆を混ぜ込み、一緒に発酵させることで、コーヒーの優しい苦味と甘酒の重厚な甘味が味わえる飲み物となった。

 ブラジルなど4カ国の豆を甘酒に合わせてブレンド。甘酒とコーヒーの組み合わせで、栄養価の高い商品に仕上がった。価格は140ミリリットル入り1本540円。5本セットが2700円、10本セットが5000円。同店のオンラインショップで販売されている。

 同店営業部長の山口和真さんは「コーヒー甘酒を飲んで、暑い夏を乗り切ってほしい」と語る。問い合わせは同店(電話0248・34・2728)へ。