伊達の女児、「ヘアドネーション協力」初カット

 
寄贈するため髪を切ってもらう羽桜さん(右)

 伊達市保原町の佐藤羽桜(うらら)さん(7)=上保原小1年=は7日、ヘアドネーションに協力するため、大切に保ってきた自身の髪約35センチを保原ライオンズクラブ(LC)に寄贈した。贈られた髪は、病気や事故などで髪を失った子どもが使うウィッグ(かつら)の製作に役立てられる。

 羽桜さんは病院などでヘアドネーションの活動を知り、寄贈する日のために髪が傷まないようにきれいに扱ってきたという。

 羽桜さんは同市保原町の美容室「ビューティーサロン美香」を訪れて、生まれて初めて髪を切った。特別に母親の香さんに髪を切ってもらった羽桜さんは「大切にしていた髪を誰かの役に立ててもらえればうれしい」と笑顔を見せながら話した。

 髪と今回の寄贈に寄せる思いをつづった手紙を受け取った同LC会員で事業委員長の美容室オーナー佐藤幸(ひで)さんは「小さな子から髪を寄付してもらいありがたい。活動を広めていきたい」と感謝した。