「感染防止対策認定店」取得を、郡山で呼び掛け

 
「認定店」の認証取得を呼び掛ける品川市長(右)

 郡山市で新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向にあることを受け、品川萬里市長らは6、7の両日、JR郡山駅前で市民に感染防止策の徹底を求め、飲食店を訪問して県の「ふくしま感染防止対策認定店」の取得を呼び掛けた。

 初日の6日は品川市長らが同駅前で6月の同市の感染状況などを説明するチラシを配布。特に感染リスクが高まる飲食への注意を呼び掛けた。その後、中島博県中地方振興局長らと「認定店」の認証を受けていない飲食店約100店舗を訪れ、取得することの利点を訴えた。

 認定を申請中という「すが波」を経営するフードビジネスジャパンの菅波聡社長(53)は「この立地なので先頭に立って感染対策をしないと町が駄目になってしまう。しっかり継続していきたい」と話した。