ストリートピアノお目見え 白河・コミネス、響く音色

 
カギガタピアノで演奏する利用者

 白河文化交流館コミネスのカギガタエリア内サブエントランスに7日、ストリートピアノが設置された。設置初日から施設利用者が美しい音色を奏でた。

 カギガタエリアに設置されていることから「カギガタピアノ」と名付けられたピアノは、白河市の大成商事の安沢荘一さんが経営する市内のカフェに置かれていた自動演奏機能付きグランドピアノ。安沢さんが「多くの市民に利用してほしい」との思いでコミネスに寄贈した。

 ピアノの利用時間は午前9時~午後8時。同施設のホールやミーティングルームを使用する日など、ピアノの利用ができない日もある。

 問い合わせは同施設(電話0248・23・5300)へ。