4キロ逃走後に事故、酒気帯び疑いで62歳男逮捕

 

 いわき中央署は10日午前3時15分、酒気帯び運転の疑いでいわき市常磐上湯長谷町、無職の男(62)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同市内郷綴町の県道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

 同署によると、巡回中の署員が署の周辺で高速で走る男の車を発見、職務質問しようとしたところ逃走した。車は南方向に約4キロ逃げたところで、駐車してあった他の乗用車や民家の壁にぶつかる事故を起こし、停止しているところを署員が発見した。男は容疑を認めているという。