「あつかし千年公園」ライトアップ!本格オープン

 
ライトアップされた歴史公園「あつかし千年公園」=国見町

 国見町が同町西大枝に整備を進めてきた国指定史跡「阿津賀志山防塁」を活用した歴史公園「あつかし千年公園」が10日、本格オープンした。オープンを記念して11日までライトアップ(午後7時~同9時)している。

 阿津賀志山防塁と、2009(平成21)年に岩手県平泉町の中尊寺から譲り受けた「中尊寺ハス」を見学できる公園。公園の敷地面積は2.8ヘクタール。案内施設、休憩所のほかハスが植えられた池が10面ある。

 セレモニーが行われ、引地真町長らが完成を祝った。公園名を付けた久保大虎さん(県北中3年)は「これから先も多くの人に愛される場所になってほしい」と願いを込めてハス池を眺めていた。