虹色カスミソウ出荷開始 JA会津よつばがフェア

 
華やかに店頭を彩るJA会津よつばのカスミソウ

 夏場の生産量全国一を誇る奥会津のカスミソウの出荷が始まった。JA会津よつばかすみ草部会は10日、会津若松市のヨークベニマル一箕町店と門田店で「昭和かすみ草フェア」を開催、虹色のカスミソウが人気を集めた。

 フェアでは、色素を吸わせる染めの技術によって作られた11色のカスミソウが店頭に並んだ。フェア限定で通常1本437円を220円で販売。買い物客は華やかなカスミソウに誘われるように、品定めをしていた。両店では8月1日にもフェアを開催する。

 ヨークベニマルは順次、同JAのカスミソウの取扱店を増やし、福島、宮城、山形、栃木、茨城各県の一部店舗を除いて販売する予定。通常の販売で扱うのは3色ほどになるという。