投資名目1億円詐欺、郡山30代女性被害 SNSで外国人男が勧誘

 

 郡山署は13日、郡山市の30代女性が会員制交流サイト(SNS)で知り合った外国人男性に投資話を持ち掛けられ、計約1億500万円をだまし取られる被害があったと発表した。同署は詐欺事件とみて調べている。県警によると、県内で今年発生した個人を狙った詐欺事件の被害では、最大額という。

 同署や県警によると、女性は4月下旬、SNSで知り合った自称シンガポール籍、会社経営者を名乗る男とSNS上で翻訳機能を使いながらやりとりし、投資話を持ち掛けられた。数万円を投資し、利益が出たことで男を信用した女性は、男から「海外企業に投資する会員になれば、毎日数十万円がもらえる。会員になるためには投資する必要がある」と連絡を受けた。女性は複数回、指定された口座に計約3000万円をインターネットから振り込んだ。

 その後、女性は投資した資産を引き出そうとしたが引き出せず、海外の投資会社の担当者を名乗る男から「資産を引き出すには、別途保証金を支払う必要がある。保証金は支払いが完了したら返す」などと連絡があった。女性は、保証金や違約金などを振り込むよう複数回にわたり指示され、計約7500万円をインターネットから振り込んだ。

 その後も振り込みを要求されたことを不審に思った女性が5月下旬ごろ、弁護士に相談し、詐欺だと気付いた。同署に同25日に相談し、被害が発覚した。