中小企業のワクチン職域接種、郡山市が申し込み開始

 

 郡山市が独自に行う中小企業の新型コロナウイルスワクチン職域接種の申し込みが13日、同市の郡山商工会議所を窓口に始まった。各商工会でも20日から受け付ける。当面は各会員事業所を対象とする予定で、26日から接種を始める。

 市外在住者を含めた役員と従業員のほか、市内在住の家族も打つことができる。接種券が届いていなくても接種可能。同商議所への申し込みはホームページからメールで行う。会場として約40の医療機関が協力する予定。

 市によると、市には今月末までに累計で約29万回分のワクチンが配分される予定。8月の供給量は6月の半分程度と減少するが市の担当者は「在庫状況から今のところ接種の継続に問題はないとみている。今後さらに供給量が減る場合は対応を検討する」としている。