会津若松のカフェ「はら笑」再オープン 豆富もち提供

 
「豆富もち」などを味わい笑顔を見せる来店者

 冬季休業していた会津若松市湊町の「カフェはら笑(しょう)」は11日、再オープンした。廃校(旧原小)を利活用した交流施設「はら笑楽交(しょうがっこう)」内で11月までの毎週日曜日に営業し、地区の郷土料理「豆富もち」や地元の農産物を使った料理を提供する。

 カフェでは、餅や天ぷらなどがセットになった「満腹!はら笑御膳」(1600円)のほか、3種の餅が味わえる「はら・もち三種御膳」(800円)、「蕎麦(そば)のガレット」(800円)などを用意。500円ごとにポイントがたまるポイントカードや、紹介カードも発行する。

 初日は、開店と同時に多くの人が訪れ、新鮮な地元産の野菜などを使った料理を味わっていた。

 営業時間は午前11時~午後1時30分で、8月15日は休業する。住所は同市湊町原字新橋118。問い合わせははら笑楽交(電話090・2849・8885)へ。