自宅で「わらじおどり」 オンライン参加募る

 
オンラインわらじまつりなどへの参加を呼び掛ける実行委のメンバー

 福島わらじまつり実行委員会は8月6~8日に福島市の旧中合前などで開催される「福島わらじまつり」のオンライン参加や創作わらじの展示を呼び掛けている。

 新型コロナウイルスの影響で踊り手が一堂に集まるパレードは2年連続で中止。そこで、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を活用し、7日の午後6時と同8時の2回、「オンラインわらじまつり」と銘打ち、各家庭と会場間をつなぐ。会場の様子は動画投稿サイト「ユーチューブ」でも配信する。

 感染防止対策を徹底し、会場ではわらじ作り体験教室など多彩な催しを行う。6日から同市の旧中合前に大わらじを展示。7日は大わらじの前でわらじ音頭の生演奏や、公募で選ばれた精鋭の踊り手たちがわらじおどりを披露する。

 参加申し込み、問い合わせは実行委(電話024・572・7118)へ。申し込み締め切りはオンラインわらじまつりが26日、創作わらじ展示は23日。実行委の森藤洋紀さんらメンバーは福島民友新聞社の取材に「自宅などお好きな場所からたくさんの方に参加してほしい」と参加を呼び掛けた。