いわき図書館、紙面で振り返る「64年東京オリパラ」

 
1964年の東京オリンピック、パラリンピックの際の地元紙などを展示している会場

 いわき総合図書館は10月24日まで、いわき市の同館で前期常設展「地元紙からみる1964年東京オリンピック・パラリンピック」を開いている。

 1964(昭和39)年に開催された東京オリンピック、パラリンピックの際の県内の聖火リレーや大会の様子を同館が所蔵する地元紙を通して紹介している。

 また、開催を記念して多くのイベントが開かれるなど盛り上がりを見せた市内の情景と、同市にゆかりのある選手の活躍にも焦点を当てた。会場には、地元紙の紙面などの資料約60点を展示している。時間は、月~土曜日は午前10時~午後9時。日曜日、祝日は午前10時~午後6時。今月26日、8月30日、9月7、27日は休館日。

 問い合わせは同館(電話0246・22・5552)へ。