合宿中の五輪クウェート選手団激励、二本松商議所

 
練習に向かうクウェートの競泳代表を激励した役職員ら

 二本松商工会議所は14日、東京五輪に向けて二本松市で事前合宿中のクウェート選手団を激励した。9日から市内の競技施設などで最終調整に取り組む競泳とクレー射撃の選手・コーチら11人に、歓迎の気持ちを伝えるために実施した。菅野京一、安斎文彦両副会頭をはじめ役職員ら11人が参加した。

 参加者は、宿舎のアーバンホテル二本松前の駅前ポケットパークで、アラビア語で「ようこそ」「頑張って」「私たちは応援してるよ」と記した縦1メートル、横7メートルの横断幕を掲げて、練習に出掛ける選手たちを応援した。

 このうち競泳の選手たちは気さくに「ありがとうございます」と日本語で感謝していた。