幽霊画、背筋「ヒヤッ」 県立博物館で妖怪展開幕

 
展示されている幽霊画などに見入る来場者=17日午前、会津若松市・県立博物館

 会津若松市の県立博物館で17日、夏の企画展「あはひのクニ あやかしのクニ―ふくしま・東北の妖怪・幽霊・怪異」が開幕した。本県などに伝わる妖怪や幽霊にまつわる言い伝えを紹介する絵や人形、面などが一堂に並んでいる。9月26日まで。

 あはひは「間」の意味。企画展では、本県をこの世とあの世の「あはひのクニ」と位置付け、妖怪や幽霊などの「あやかし」の資料を紹介することで、本県の文化の独自性に迫る。磐梯山にいたとされる「会津の怪獣」の絵図や、南相馬市の金性寺(きんしょうじ)に伝わる幽霊画など約100点が並んでいる。

 観覧時間は午前9時30分~午後5時(入館は同4時30分)。休館日は8月9日、9月20日を除く毎週月曜日と9月21日。観覧料は一般1200円、高校生以下無料。常設展も観覧できる。

 県立博物館、福島民友新聞社、福島中央テレビの主催、リオン・ドールコーポレーションの後援、会津若松市ナイトタイムエコノミー推進協議会の協力。問い合わせは県立博物館(電話0242・28・6000)へ。