若松で36.6度、福島県最高気温 2日連続で猛暑日

 
猛暑日となった福島市。国道115号では逃げ水が見られ、街並みが揺らいだ=18日午後1時15分ごろ

 18日の県内は高気圧に覆われ、各地で気温が上昇した。最高気温は会津若松市が36.6度と県内で最も高く、2日連続で猛暑日となった。

 福島地方気象台によると最高気温は福島市で36.2度、石川町で36.1度、喜多方市と二本松市で36.0度など、七つの観測地点で35度以上の猛暑日となった。ほとんどの観測地点で今年の最高気温を更新した。

 19日の県内は晴れや曇りだが、午後から大気の状態が不安定となるため、雨や雷雨となる見込み。日中の予想最高気温は会津若松市37度、福島市、郡山市36度、白河市35度。