魔夜峰央さん 自身の漫画家エピソード披露、梁川で講演

 
漫画家を志したエピソードなどを語った魔夜さん

 人気漫画「パタリロ!」「翔んで埼玉」で知られる漫画家魔夜峰央さんを招いたトークショーは18日、伊達市の梁川小で開かれ、魔夜さんが人気漫画のエピソードや漫画家を志したきっかけなどについて語った。

 魔夜さんは新潟県出身で、1973(昭和48)年に漫画家デビュー。当初はホラー路線だったが、78年発表の「ラシャーヌ!」でギャグ路線に変更し、「パタリロ!」の連載を始めた。魔夜さんは自作について「いわゆるギャグ漫画を描いているつもりはなかったが、描きたいものを描いていたらこうなった」と語った。

 魔夜さんは漫画に興味を持ったきっかけについて「冬の新潟は大雪で家に閉じ込められる。やることが漫画を描くくらいしかなかった。小学生の時に貸本屋にある漫画を全部読んでしまった」と語り、漫画好きだった少年時代の思い出を語った。

 また、漫画の通信教育やコミック画材の販売を手掛け、日本初の「漫画新聞」を発行した日本漫画学舎代表の木村忠夫さんも登壇し「世界に誇る日本文化は漫画、アニメ、カラオケだ。東京五輪でさらに日本の漫画が注目される」と漫画の可能性を語った。

 伊達市梁川美術館の主催。日本漫画の礎を築いた巨匠らのイラスト入り色紙を展示する震災復興応援まんが色紙展「木村忠夫コレクション」(8月15日まで)の開催に合わせて開いた。