北信中生「コロナ差別、偏見なくそう」、知事にシトラスリボン

 
内堀知事にリボンを届けた(左から)武田さん、島影さん、大野さん

 新型コロナウイルスの感染拡大による差別や偏見をなくす運動「シトラスリボン・プロジェクト」に取り組む福島市の北信中の生徒は19日、県庁を訪れ、内堀雅雄知事にリボン100個を贈った。

 一部の生徒が昨年から自主的にリボン作りを始め、活動を知った生徒会も加わった。現在は活動の輪が広がり、3年生が下級生にリボンの作り方を指導するなど全校生徒で取り組んでいる。これまでにリボン約2千個を作製。県庁のほか、福島市保健福祉センターなどにも贈呈している。

 生徒会長の島影結芽さん(3年)と副会長の武田まみさん(3年)、大野夏葵さん(2年)が内堀知事にリボンを手渡した。島影さんは「多くの人に差別や偏見をなくす気持ちを持ってもらいたい」とリボンに込めた思いを語った。県によると、リボンは感染症対策本部の職員に配布されるという。