二本松「平日集団接種」7月末休止へ 新型コロナ

 

 二本松市は、新型コロナウイルスワクチンの配分減少に伴い、水、木、土曜日の週3回実施している「平日集団接種」を今月末で休止する。三保恵一市長が19日、記者会見し、発表した。

 接種を加速させるために6月23日から集団接種を平日にも拡充したばかりだった。市は日曜日に行う「日曜集団接種」と、かかりつけ医などで接種する「個別接種」についてもワクチンの供給状況に応じて予約枠を調整する。三保市長は「予約が取りづらい状況が続くと想定されるが、理解してほしい」と述べ、国の責任でワクチンを確保するよう要請したとした。