【速報】聖光学院、準々決勝で敗退 福島大会4強決まる

 

 第103回全国高校野球選手権福島大会第10日は20日、いわき市のいわきグリーンスタジアムなどで準々決勝4試合が行われ、4強が決まった。最長記録に並ぶ14大会連続の甲子園出場を目指していた聖光学院は1―5で光南に敗れた。聖光学院が福島大会で敗退するのは、2006(平成18)年の第88回大会の3回戦で敗れて以来15年ぶり。

 日大東北は5―3で東日大昌平を振り切り、福島成蹊は学法石川を13―3の6回コールドで下した。福島成蹊の準決勝進出は初めて。福島商は相馬を8―7の9回サヨナラで下した。