「なりすまし詐欺」500万円被害 郡山の70代女性

 

 19日午後、郡山市の70代女性から、息子の同僚を名乗る男に現金500万円をだまし取られたと郡山署に相談があった。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、同日午前11時ごろ、女性方に息子に成り済ました男から「今郡山駅にいるが、携帯電話とかばんをトイレでなくしてしまった」と電話があり、JR職員を名乗る男からも連絡があった。

 その後、息子に成り済ました男から再び電話があり「今どうしても請け負いたい仕事があり、相手に1000万円を支払わなければいけない。半分は同僚が用意する」と言われた。

 話を信じた女性は同日午後1時ごろ、女性方を訪問した息子の同僚を名乗る男に、自宅にあった現金500万円を渡した。女性が別居する息子に電話をかけ、被害に気付いた。