復旧応援、写真で見る「只見線の今昔」 坂下で企画展

 
写真展の内覧会で只見線の絶景に見入る関係者

 会津坂下町五浪美術記念館企画展「只見線復旧・復興応援企画写真展『只見線の今昔物語』」は22日、同館で開幕する。8月1日まで。

 2011(平成23)年7月の新潟・福島豪雨災害の影響で運転停止となったJR只見線の一日も早い復旧と全通を願い、大島静也さん(同町)と村松孝太郎さん(会津美里町)が撮影した只見線を走るSLや列車の写真43点を展示。人気の観光スポットである第1只見川橋梁(きょうりょう)や災害で流失した旧第6只見川橋梁の風景などを捉えた。

 開幕に先立ち、19日に内覧会が開かれ、古川庄平町長や鈴木茂雄教育長らが写真の数々に見入った。

 期間中無休で入館無料。開館時間は午前9時~午後4時30分。問い合わせは町文化振興係(電話0242・83・3010、平日のみ)へ。