日本、豪に快勝 福島で五輪ソフト開幕戦

 
【日本ーオーストラリア】1回裏日本2死二塁、同点に追い付く適時二塁打を放つ山本優(ビックカメラ高崎)=21日午前、福島市・あづま球場

 東京五輪の全競技の中で最初となるソフトボールの開幕戦が21日、福島市のあづま球場で行われた。開幕戦では、2008年北京五輪以来の金メダルを狙う日本代表が1次リーグでオーストラリアと対戦、8―1の5回コールドで快勝した。

 県内での五輪競技は初めて。大会は「復興五輪」を理念に掲げており、東日本大震災の被災地である県内での競技開始となった。

 試合は新型コロナウイルス感染拡大の影響で無観客で行われた。日本は先制を許したが、3本の本塁打などで点差を広げた。競技開始の式典では、投手桑原真愛さん(平三中)と捕手宮田如乃(ひめの)さん(泉中)のバッテリーが始球式を行った。

 21日は同球場でイタリア―米国、メキシコ―カナダの2試合も行われる。22日も日本代表戦を含む3試合が予定されている。

 五輪開会式は23日に行われ、8月8日まで計33競技で世界の頂点を競う。