楢葉職員がユニホーム姿で職務 なでしこ初戦にエール

 
代表ユニホームなどを着用し職務に当たる職員

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」が1次リーグ初戦に臨んだ21日、楢葉町職員は日本代表ユニホームや応援Tシャツを着て職務に当たった。

 なでしこジャパンでは、いずれもJFAアカデミー福島出身で、同町の楢葉中に通った三宅史織、平尾知佳両選手と、富岡高卒の菅沢優衣香選手、ふたば未来学園高卒の遠藤純選手=白河市出身=の双葉郡ゆかりの4人がメンバー入りしている。町政策企画課の遠藤俊行課長(54)は「楢葉町の寮に住んで練習を重ね、世界の舞台に羽ばたいた選手たちを心一つに応援したい。コロナ禍による閉塞(へいそく)感を吹き飛ばす活躍を期待している」とエールを送った。