「ビビッド」の子どもたち支援 アポロGがスポンサー

 
スポンサー契約を交わした相良CEO(後列左から2人目)とRuuさん(後列中央)ら

 エネルギー、家造り事業を手掛ける福島市のアポログループは21日までに、ダンスパフォーマンス事業を展開する同市の「DANCE STUDIO ViVid(ダンススタジオ ビビッド)」とスポンサー契約を締結した。同グループが、世界に羽ばたく子どもたちを応援する。相良元章CEOは「世界に目が向いている。挑戦できる下地づくりを通じ、輝く笑顔を支援したい」と語った。

 ビビッドは、女性ダンスクルー「Fabulous Sisters(ファビュラス シスターズ、最高の姉妹)」を率いるダンサー・振付師Ruu(ルウ)こと後藤瑠奈さん(29)が運営に携わる。同クルーは世界最大規模のダンスコンテスト「ワールド・オブ・ダンス」(米ロサンゼルス開催)で2016年、17年に連覇を達成、世界に衝撃を与えた。

 アポログループはユニークな取り組みをしている世界の会社を「勝手に」表彰する「アポロアワード」を実施、相良CEOは「世界に目を向ける理念が合致した」とスポンサー契約の理由を語る。今後はアポログループがパフォーマンス支援やオフィシャルウエアなど制作物の提供を行い、ビビッドはCMやイベント出演などで協力する。

 ビビッドで19日、発表会が開かれ、相良CEOは「新しいことが始まりそうでワクワクしている」、Ruuさんは「夢に向かって頑張る子どもたちを育てていきたい」と語った。ビビッドのロゴとアポログループのマークが入ったウエアの提供も行われた。クルーの小中学生がダンスパフォーマンスを披露した。