コロナ下、明るい歌声を! 橘高合唱団7月31日「定演」

 
「演奏で笑顔を届けたい」と意気込む(左から)佐々木さん、室井さん、小林さん

 橘高合唱団の第19回定期演奏会が31日、福島市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で開かれる。入場無料。団長の室井菜々子さん(3年)は「新型コロナウイルスの影響で下向きになっている方々が明るくなれるような演奏をしたい」と意気込む。

 4ステージ構成で行う。第2ステージでは、福島市出身の作曲家古関裕而夫妻をモデルにしたNHK連続テレビ小説「エール」の主題歌「星影のエール」などを披露。第4ステージではNHK全国学校音楽コンクールと、全日本合唱コンクールの課題曲と自由曲を発表する。第3ステージではミュージカル「アラジン」を予定している。3年生の団員によるソロ曲もあるといい、室井さんは「猛練習をしているので注目してほしい」と話した。

 午後2時開演。問い合わせは同校(電話024・535・3395)へ。

 実行委員長の佐々木なつみさん(3年)と学生指揮者の小林慎さん(同)が同席した。