手話付きでハーモニーも、磐城桜が丘高合唱部「定演」

 
美しいハーモニーを響かせる生徒たち

 磐城桜が丘高合唱部は17日、いわき市の文化センターで第44回定期演奏会を開き、部員が息の合った美しい歌声を響かせた。

 今年の演奏会のテーマは「記憶」。来場者の心に残るような演奏会にしたいとの思いを込めて、1~3年生部員12人が舞台に立った。

 5部構成で開催し、保護者ら約50人が来場した。部員たちは、本年度の全日本合唱コンクールの課題曲や創作劇「不思議の国のアリス」などを披露。さらに合唱に合わせて歌詞を手話で表現するなど、工夫を凝らしたステージで来場者を楽しませた。