ふくしま古関楽団「オリンピック・マーチ」 動画配信

 
ふくしま古関楽団2020の演奏の様子

 福島市出身の作曲家古関裕而に関する事業に取り組む福島商工会議所青年部は23日午前10時から、市内の高校生らでつくる「ふくしま古関楽団2020」が、古関作曲で前回の東京五輪開会式で奏でられた「オリンピック・マーチ」を演奏する動画を配信する。同青年部ホームページで視聴できる。

 同楽団は2018年から、福島の若者の手で東京五輪開会式で「オリンピック・マーチ」を再び演奏しようと活動開始。開会式での演奏を通して、復興を世界にアピールするとともに、若者たちに故郷へ誇りを持ってもらう狙いもあった。

 開会式出演の目標は実現できなかったが、代わりとして野球・ソフトボール競技が行われる市内のあづま総合運動公園内でのイベントに出演する予定だった。だが、コロナ禍で出演機会もなくなった今、演奏動画を配信することで、楽団の思いを世界に発信し、福島からエールを届けようと配信を決めた。

 配信する映像は福島商高吹奏楽部、福島成蹊高吹奏楽部の生徒が出演し「オリンピック・マーチ」を奏でる。8月には「栄冠は君に輝く」の演奏動画も配信する予定。同青年部の西形吉和さんは「コロナ禍で夢の実現はできなかったが、諦めることなく福島の思いを世界に発信したい」と語った。