東日本大震災支援に感謝 秋葉原に「東北ハウス」

 
180度のパノラマスクリーンで上映されている「

 東京五輪に合わせ、東北・新潟の情報発信拠点「東北ハウス」が22日、東京・JR秋葉原駅前のイベント会場「アキバ・スクエア」内にオープンした。東日本大震災で寄せられた支援への感謝と東北・新潟の魅力を伝え、観光誘客や交流人口の拡大を目指す。8月7日まで。入場無料。

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、昨年夏から1年延期して開設した。注目は、東北・新潟が誇る地域資源をまとめたオリジナル映像作品。180度のパノラマスクリーン(高さ4メートル、直径22メートル)に映し出される四季折々の自然美や伝統文化は迫力満点だ。

 福島民友新聞社など7県の地方紙9紙は震災関連記事を編集した特別紙面のパネルを展示した。