熟したラズベリー、一つ一つ手摘み 矢祭で収穫作業最盛期

 
最盛期を迎えたラズベリーの収穫作業=11日、矢祭町・矢祭園芸

 矢祭町の矢祭園芸でラズベリーの収穫作業が最盛期を迎えている。関係者がハウス内で赤く色づいた実を一つ一つ手摘みしている。

 矢祭園芸の大和田達也さん(27)によると、国産は珍しく、ことしは7月下旬の高温で実が一気に熟したものの、生育は順調という。

 約100キロを初めて収穫した昨年を上回る約400キロを既に収穫しており、最終的には1トンほどになる見込み。常温だと傷みやすいため、冷凍や加工処理され、県内外に出荷される。