がん手術、はりで胃の動き抑制 会津医療センター、薬使えぬ患者に

 

 福島医大会津医療センターの研究チームが、早期胃がんの内視鏡手術ではりを使って腹部のつぼを刺激し、胃の動きを抑えることに成功した。同センターが11日、発表した。同センターは、持病で胃の動きを抑える薬を使用できない患者の手術に役立つ可能性があるとしている。

 同センターによると、はりを内視鏡手術に利用するのは世界で初めて。内視鏡手術を専門とする消化器内科の渋川悟朗教授(50)と、はりが専門の漢方医学の鈴木雅雄准教授(46)らが協力して研究に取り組んだ。

 渋川教授らによると、胃の動きを抑える薬は、血圧変動などの副作用の恐れがある。心筋梗塞や高血圧などの持病があると薬を使用できず、胃が動いている状態で胃がんを切除せざるを得ないため、手術が長引き医師、患者ともに負担が大きくなることが多いという。

 研究は内視鏡手術を行う46人を対象に実施した。23人は薬、別の23人ははりを使って胃の動きを抑え、データを比較した。複数人の執刀医に手術のやりやすさを尋ねたところ、はりの方が「やりやすい」との回答が多かった。また、薬の場合は14人に副作用の血圧変動があったが、はりでは2人だけだった。

 渋川教授は「はりを扱える医師が少ないのは課題だが、研究を続けて有効性を確認し、はり刺激の普及を目指したい」と話している。

 研究成果はスイスの総合内科誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・メディシン」電子版に7月9日付で掲載された。