福島県内、土砂災害や河川の増水などに注意 前線停滞の影響で

 

 14日の県内は停滞する前線の影響で大雨となる所がある見込み。福島地方気象台は土砂災害や河川の増水などに注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、同日にかけて予想される県内の1時間降水量は多い所で30ミリ。同日午後6時までに予想される24時間降水量は100ミリ。さらに雨は降り続く見込みで、15日午後6時までの24時間降水量は50~100ミリとしている。

 水郡線上り線、14日・1本運休

 JR東日本は13日、大雨の影響を見込み、水郡線上下線の計2本を運休した。14日は磐城棚倉―常陸大子間の上り線1本を運休する。