福島競馬場、半年ぶり「馬券発売」再開 地震被害から一部復旧

 
馬券発売を再開した福島競馬場で馬券を購入する利用者=14日午後、福島市

 日本中央競馬会(JRA)福島競馬場は14日、休止していた馬券発売を半年ぶりに再開した。初日は雨の中、約1300人の競馬ファンが購入に訪れた。

 2月の本県沖地震でスタンドを被災した同競馬場は、被害調査や復旧工事のため2月14日以降、馬券発売を休止し、7月の夏の福島競馬は無観客で実施していた。今回、一部復旧工事が完了したことから馬券の発売が可能となった。

 スタンド1階南口投票所と馬場内投票所、ドライブスルー投票所の3カ所に限定して販売。場内では、滞留を防ぐためにレース映像やオッズ情報などを放映せず、飲食、喫煙も禁止している。

 藪政勝場長は「地元のお客さまには長い間、不便をお掛けした。新型コロナウイルスの感染防止に細心の注意を払い、運営していきたい」と話した。

 営業時間は午前9時15分~午後4時50分。同競馬場は、開催日に駐車場を一部無料開放している。