9月から障害者対応通報システム運用へ  若松と喜多方消防本部

 

 会津若松地方消防本部と喜多方地方消防本部は9月1日から、聴覚障害や言語障害の人を対象とした緊急通報システム「NET119」の運用を開始する。

 会話で通報することが難しい人が、事前登録した衛星利用測位システム(GPS)付きスマートフォンで消防に119番通報できるという。

 登録説明会を今月20日午後1時から会津若松市の会津稽古堂、同29日午前10時から喜多方地方消防本部で開く。希望者は障害者手帳とスマートフォンを持って参加する。問い合わせは会津消防指令センター(電話0242・59・1420)、メールアドレスfd.sirei@119‐aizu.jp