琴の調べ聴衆魅了 双葉出身の琴奏者大川さん、白河で演奏会

 
演奏する大川さん

 双葉町出身の琴奏者「箏男kotomen」こと大川義秋さんは15日、白河市の白河文化交流館コミネスで演奏会を開いた。

 大川さんは20歳から本格的に琴奏者として活動を始め、邦楽界で権威ある全国大会や国際コンクールなどで上位に名を連ねている。和楽器パフォーマンス集団「桜men」のメンバーとしてメジャーデビューも果たした。

 大川さんは演奏会で「さらし風手事」「長崎の鐘」「会津磐梯山」「もしもピアノが弾けたなら」などを演奏し、聴衆を魅了した。