猪苗代新そば祭り 11月に町内各店、道の駅で農産物販売も

 

 第25回猪苗代新そば祭り実行委員会が12日、猪苗代町役場で開かれ、町内で11月13、14の両日に予定されていた同祭りの会期を11月1~30日に変更し、そばを町内の参加店で楽しむ形にする方針を決めた。

 「ひきたて、うちたて、ゆでたて」のそばを楽しむイベントとして、町内の会場でそばを振る舞うなど例年通り行う予定だったが、昨年と同様に新型コロナウイルス感染予防の観点から困難と判断した。

 今月中旬から町内で参加店を募り、千円で1500円分の食事ができる新そば祭り券(5千枚限定)を9月21日から前売り販売する予定。

 また11月6、7日の両日は道の駅猪苗代のイベント広場で、生そばやそば粉、新米、農産物などを販売する農産物等物産展を開く。