伊達で事務所荒らし 6~8月、車上被害も相次ぐ

 

 福島県伊達市内の会社事務所や駐車した車内から現金などが盗まれる被害が相次いでいることが18日、伊達署への取材で分かった。6月下旬から8月上旬にかけ計6件が確認されており、同署は盗みの疑いで捜査している。

 同署によると、事務所などを狙った窃盗事件は店舗や事務所が閉まった夜間に発生。保原町の飲食店では今月10日に現金数万円が入ったレジを盗まれた。また7月28日には、梁川町の会社事務所で数千円が盗まれる被害があった。いずれも出入り口の鍵を壊して侵入しているという。

 また6月下旬~8月上旬には市内で4件の車上荒らし被害も確認された。このうち3件は夜から朝にかけ、自宅やアパート駐車場の車が被害に遭ったという。いずれも助手席などの窓ガラスが割られ、現金やバッグが盗まれており、手口が似ていたという。

 同署は警戒を強めており、「事務所や車に貴重品を置かないでほしい」と注意を呼び掛けている。