「球技の楽しさ伝えます」 元ラグビー・大野さんアンバサダーに

 
アンバサダーに就任した(右から)大野さんと青木さん、川淵会長、佐藤さん(日本トップリーグ連携機構提供)

 元ラグビー日本代表の大野均さん(43)=郡山市出身=が、未就学児から小学生向けのスポーツ教室「SOMPOボールゲームフェスタ」のアンバサダーに就任した。全国各地を訪れ、子どもたちにボールを使ったスポーツの楽しさを伝える。

 大野さんは18日、オンラインで記者会見し「全国の子どもたちとスポーツを通じて触れ合えることが楽しみ。自分にも新しい学びや気付きがあることを期待している」と抱負を語った。

 活動ではラグビーにとどまらず、多彩な球技に取り組む。大野さんは、小学生から高校生までプレーしていた野球への再挑戦に意欲を示し「一番苦手なのはサッカーですね」と笑った。

 同フェスタは、団体球技のリーグでつくる日本トップリーグ連携機構、SOMPOホールディングスなどが全国で展開し、本県ではこれまでに2回開かれた。

 記者会見には大野さんのほか、同機構の川淵三郎会長、アンバサダーを務める元アーティスティックスイミング日本代表の青木愛さん、元サッカー日本代表の佐藤寿人さんも参加した。