戦時下の暮らし伝える 三春、町歴史民俗資料館で企画展

 
戦争の教訓を伝える企画展

 三春町歴史民俗資料館は企画展「三春と戦争~戦争の世紀と子どもたち」を開き、来館者に戦争の教訓を伝えている。11月7日まで。

 三春尋常高等小学校(その後の国民学校)の日誌を基に、戦時下の子どもたちの暮らしを紹介している。

 出征の際の日の丸の寄せ書きや、木銃、銃弾よけのお守りとして作られた千人針などを展示している。時間は午前9時~午後4時30分。休館日は月曜日、祝日の翌日(月曜が祝日の場合は、その翌日)。

 問い合わせは同館(電話0247・62・5263)へ。