福島労災病院、職員ら2人感染 新型コロナ、クラスター37人に

 

 クラスター(感染者集団)が発生したいわき市の福島労災病院は19日、新たに職員1人と委託職員1人の計2人の感染が判明したと発表した。感染者は計37人となった。感染が確認された職員は同日の県発表に含まれるが、委託職員は含まれていない。

 37人の内訳は入院患者19人、退院後患者4人、職員12人、委託職員2人。同病院は当面の間、外来診療を制限する。

 入院診療の受け入れ中止や救急患者の制限も継続する。緊急の治療でやむを得ない場合は、その都度判断するという。