保育の在り方学ぶ オンラインで私立幼稚園・こども園研修

 
いわき短大の会場から参加した教職員ら

 第9回県私立幼稚園・認定こども園教員研修大会(いわき大会)は20日、各施設を結ぶオンライン形式で開かれ、参加した各園の教職員が子どもたちの健やかな成長のために保育の在り方を学んだ。

 県私立幼稚園・認定こども園連合会の主催。「新しい時代を伸びやかに生きる~社会に開かれた質の高い幼児教育を」と題し、六つの分科会を開いた。感染対策のため初めてオンラインを活用し、同連合会の加盟園計132カ所から約630人が参加した。

 六つの分科会のうち「愛されて育つ子ども」をテーマにした分科会では、関西学院大教育学部の専任講師久保健太さんが講師を務めた。いわき市のいわき短大の会場から参加した教職員らは、園児の自立を育むための年齢に応じた手の差し伸べ方や、自己肯定感を育む重要性を学んだ。