大玉産の農産物PR オンラインで首都圏料理人らと意見交換

 
オンラインで村産野菜の魅力をPRした参加者

 大玉村は18日、首都圏の飲食店や卸売業者に対して、オンラインで村産農産物のプロモーション活動を行い、魅力やおいしさをPRした。

 村産農産物の販路拡大と風評払拭(ふっしょく)を目的に行い、村内の飲食店「たまちゃん」と都内の飲食店をオンラインで結んだ。村内から農家の神田大さんや村産野菜を使った料理を提供している料理人らが参加し、都内の現地では、イタリア料理協会の原宏治副会長や卸売業者が参加した。

 神田さんは有機栽培の取り組みや、生産するホワイトトウモロコシ、キュウリ、白ナスなどの野菜の魅力を紹介。参加者は村産野菜を生かした料理について意見交換し、原副会長がサラダやグラタン、デザートなどの創作料理を調理、提案した。村は提案された料理について、村内や首都圏の飲食店での提供を目指し、料理人らと連携するという。