ネパール選手に応援届け ホストタウン、田村市が特別授業

 
ネパール選手への応援メッセージを考える児童

 東京五輪・パラリンピックでネパールのホストタウンに登録されている田村市は、同国の代表候補選手に応援メッセージを届けるため、同市の緑小と船引南中で特別授業を実施した。

 情報技術を活用し、言語や文化の違いを超えて思いを届けることで、国際交流する目的。授業は「グロー ウィズ グーグル」の協力を得て、両校で6月に行った。

 児童生徒たちは情報機器の翻訳機能を使い、ネパール語のメッセージを紙に書いた。緑小での授業の様子は情報教育の事例動画として、「グーグル ジャパン」の動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信されている。