スクールカウンセラーの福島大教職員わいせつか 18歳未満の少女に

 

 県北地域の学校でスクールカウンセラーを務める福島大の教職員が、18歳未満の少女にわいせつ行為をしていたことが21日、関係者への取材で分かった。

 関係する機関が近く公表する予定。スクールカウンセラーは児童生徒の臨床心理に関して高度な専門的知識や経験を持つ人が就き、いじめや不登校、児童生徒の問題の解決などに当たるため学校に配置される。