どぶろく醸造し提供 「特区」認定の国見に農園レストラン9月開業

 
どぶろくとレストランの完成を喜ぶ井内さん

 内閣府の「どぶろく特区」の認定を受けた国見町に、どぶろくの醸造と提供する農園レストラン「彩季亭(さいきてい)」が完成した。24日に関係者向けの内覧会が開かれる予定で、9月中旬ごろの営業開始を目指す。醸造・調理責任者の井内良則さん(56)=同町=は「気軽に寄ってもらえる新たな憩いの場にしたい」と力を込める。

 6次化産業化による農業振興につなげようと、昨年8月に町はどぶろく特区の指定を受けた。井内さんはどぶろく販売を柱とした飲食店の開店に向け、昨年5月に勤めていた食品工場を早期退職し、準備を進めてきた。共同経営する友人で農業従事者の鈴木俊一さん(58)=同町=が酒造免許を取得。鈴木さんが町内で育てたコメを原料に井内さんがレストラン内でどぶろくを醸造、販売する計画だ。井内さんは「国見のどぶろくを全国に広めたい」と意気込みを語る。

 どぶろくは「あつかしのどぶろく」と命名し、初の醸造は約200リットルでアルコール度数は18度。コシヒカリを使い、甘みとコクのある味に仕上がったという。720ミリリットル入りを1400円、300ミリリットル入りを600円で販売する。

 井内さんは準備期間中、福島市の飲食店で働きながら経営のノウハウや調理法を学んだ。レストランではどぶろくのほかに、季節の地元食材を使った和食を中心に提供する予定だという。「家族で楽しめるレストランになればうれしい」と井内さん。町の新たなにぎわい創出の場として期待がかかる。

道の駅などでもどぶろくを販売

 「彩季亭」の住所は国見町山崎字北町田31の11。営業は水、木、金、土曜。営業時間は昼と夜の2部構成で、午前11時~午後2時と午後6時~同10時。どぶろくは、町内の道の駅国見あつかしの郷、山形屋酒店でも販売する予定。問い合わせは彩季亭(電話024・573・6574)へ。